BRIDGE
イベント内容|BRIDGE2009

« 2009年10 月 | メイン | 2010年4 月 »

2 posts from 2010年2 月

2010/02/28

イベント内容|BRIDGE 2010 April

注目を集める登壇者によるフリートーク・セッションとショート・プレゼンテーション、そしてパーティ縁の集いを予定。

18時までに着席できるよう早めのご来場をお奨め・・・頭からクライマックスです!!

寒めの天気予報ですが、熱気で会場内は暖かいと思います。

有志の方が http://twitcasting.tv/i8086 でライブ中継されます(やってみてのお楽しみ)。ショートプレゼンはYouTubeにあげます。他レポートも http://bridge.weblogs.jp/report/ に載せます。

  

【タイム・テーブル】
17:30 開場
18:00-18:15 オープニング/ショート・プレゼンテーション
18:20-19:30 フリートーク・セッション
19:35-20:45 パーティ 縁(えにし)の集い

【登壇者】
<フリートーク・セッション>
パネリスト 
・江端浩人(日本コカ・コーラ インターラクティブ・マーケティング統括部長)
・小林弘人(株式会社インフォバーン代表取締役CEO)
・高広伯彦(スケダチ|高広伯彦事務所/ブログ http://www.mediologic.com/weblog/
ナビゲーター 
・徳力基彦(アジャイルメディア・ネットワーク株式会社代表取締役社長)

江端浩人さん:
世界初のインターネットDPEサービスのデジプリ創業などを経て、2005年日本コカ・コーラ入社。800万会員の「コカ・コーラパーク」をはじめ、日本コカ・コーラのインタラクティブマーケティングを統括。BRIDGEの本荘修二との共著「エコシステム・マーケティング」を昨年 11月に出版。
ブログ http://imarketer.jp/
ツイッター @hirotoebata

コカ・コーラパークが挑戦する エコシステムマーケティング

 

小林弘人さん:
「WIRED」日本版や「サイゾー」を創刊、眞鍋かをりのブログ出版、「ギズモード・ジャパン」主宰など、数多くのメディア、ウェブサイトをプロデュース。「フリー <無料>からお金を生み出す新戦略」の監修・解説ほか「新世紀メディア論」など著書多数。。
ブログ http://kobahencom.weblogs.jp
ツイッター @kobahen

フリー〈無料〉からお金を生みだす新戦略

 

高広伯彦さん: 

博報堂、電通、グーグルでデジタル領域を中心にしたキャンペーンやビジネスの開発と営業マーケティングに従事。2009年1月に独立し、広告の企画やビジネス開発コンサルティングを手掛ける「スケダチhttp://sukedachi.jp/ 」を主催。
ツイッター @noritakahiro

次世代メディアマーケティング

 

徳力基彦さん:
NTT、コンサルティング会社、ソフトウェア開発会社を経て、2006年にブログ・ネットワークのアジャイルメディア・ネットワーク設立時からブロガーとして参画。ブロガーやツイッター・ユ―ザーとしても知られる。
ブログ http://blog.tokuriki.com/
ツイッター @tokuriki

メディアとマーケティングのオピニオン・リーダーに集まっていただきます。エキサイティングな三方に既成のテーマを押し付けるのはナンセンスと、今回はあえてフリートークとしました。

<ショート・プレゼンテーション>

昨年のBRIDGE2009で好評だったプレゼン・コーナー。グローバルなコミュニティをつくるadtechと、Alternate Reality Game(参考 「マノスパイ」が企画トリガーに)という新たな動きについてです。


・「ad:tech Tokyo」中村寛子(adtech日本事務局)


・「ARGの可能性」大橋聡史(株式会社アサツー ディ・ケイ クロスコミュニケーション局イノベーションルーム プランナー)

 

そして、毎回フード/ドリンクとも余るくらいケチなし江戸っ子なパーティ「縁(えにし)の集い」は、単なる名刺交換会でなく、一方的な売込でもなく、縁(えにし)のための場としたいと考えています。他の方とセッションについて意見を交わし、お互いにつながってみるよい機会です。(inspired by 柳生家家訓)

 

なお、登壇者に聞いてみたいことがあれば、事前に教えてください bridge20xx@gmail.com ・・伝えておきたいと思います。

 
大企業のマーケター・事業開発者、メディア関係者、広告・マーケティング関係者、ベンチャー企業、クリエイターと幅広い層の方々に、刺激と活気を与えるイベントとなるでしょう。未来をつくる若手も歓迎です。

==============================

開催日時 04/05(月) 18:00 - 20:45
受付開始 17:30(受付は2階)
会場 渋谷区立商工会館(渋谷区渋谷1-12-5 会場地図 http://bit.ly/aeOGXG
参加費 3,000円
主催 BRIDGE 2010実行委員会
運営 有志(勝屋久、本荘修二ほか)、東京商工会議所渋谷支部情報分科会
協賛 TBD
協力 株式会社アドバンスド・メディア・オペレーションズ、アルカーナ株式会社、株式会社ウィズグループ ほか
定員 200人
イベント・サイト http://bridge.weblogs.jp
連絡先メールアドレス bridge20xx@gmail.com

参加者は、企業の規模やポジションを問わず、アントレプレナーシップを持って活動する広い範囲の人を対象とします。若い方、現場を担う方、例えば、クリエイターやプランナーとして個人で活躍する方や、大企業で新事業関係などに取り組む方を含みます。今回は、企業のマーケターの方歓迎です。

【運営者】
■有志(勝屋久、本荘修二ほか)
勝屋久ブログ http://www.venturebeat.jp/katchaman/  ツイッター@katchamans
本荘修二ブログ http://www.honjo.biz/blog/  ツイッター@shonjo
■東京商工会議所渋谷支部情報分科会
ホームページ http://www.tokyo-cci.or.jp/shibuya/

BRIDGEの理念: 
情報技術に関係する多様な各分野で活躍の人々が一同に会し、刺激しあい新結合のきっかけとする。特に、イノベーティブな活動やコミュニティのリーダー達を招き、イノベーションのハブをネットワークを図る。それにより、個人の起業家精神のきづきと新エコシステム(生態系)の創造(人がつながり組み合わさってイノベーションを創造あるいは加速)につなげる。

2010/02/15

イベント内容|BRIDGE 2010 March

150名で登録締切ました。外は寒いでしょうが部屋は熱気で暖かいと思います。それから通信接続は混みあって調子よくないかと思いますがご容赦下さい。

活躍中の若手起業家3名による『起業家の資質と興味』と題したメインのセッションと、ネットワーキング・パーティを予定。


【タイム・テーブル】
17:30              開場
18:00-18:05     オープニング
18:10-19:20     セッション『起業家の資質と興味』
19:30-20:45     ネットワーキング・パーティ

【登壇者】
パネリスト 
・株式会社プリファードインフラストラクチャー 代表取締役 西川徹 
・株式会社パンカク 代表取締役 柳澤康弘
・ワイアード株式会社  代表取締役社長 石原明彦

ナビゲーター
・コアピープル・パートナーズ 代表 本間真彦

今回のパネリストは、これから成長が大いに期待される20代後半の起業家3人。起業という言葉に浮かれるステージを超え、起業家・経営者としての自分自身について、どう自分の構想や想いを実現していくのか、を日々考えているハズです。そんな3人に自分自身についてじっくりと語ってもらいたいと思っています。

20代、30代で人生の選択枝を考えだした人、起業を考えている人、起業したばかりの人には刺激があると思います。そして、パネリストの皆さんにバンバン尋ねてみてください。

==============================

開催日時    03/08(月) 18:00 〜 20:45
受付開始    17:30(受付は2階)
会場          渋谷区立商工会館(渋谷区渋谷1-12-5 会場地図
参加費       3,000円
主催         BRIDGE 2010実行委員会
運営         有志(勝屋久、本荘修二ほか)、東京商工会議所渋谷支部情報分科会
協賛         TBD
協力 株式会社アドバンスド・メディア・オペレーションズ、アルカーナ株式会社、株式会社ウィズグループ ほか
定員         200人
参加登録    イベント申し込みhttp://bridge.weblogs.jp/registration/

連絡先メールアドレス     bridge20xx@gmail.com

ハッシュタグ    #BRIDGE10


【運営者】
■有志(勝屋久、本荘修二ほか)
勝屋久ブログ http://www.venturebeat.jp/katchaman/
本荘修二ブログ http://www.honjo.biz/blog/
■東京商工会議所渋谷支部情報分科会
ホームページ http://www.tokyo-cci.or.jp/shibuya/

参加者は、企業の規模やポジションを問わず、アントレプレナーシップを持って活動する広い範囲の人を対象とする。特に、若い方、現場を担う方にフォーカス する。例えば、プログラマーやクリエイターとして個人で活躍する方や、大企業で新事業関係などに取り組む方を含む。今回は、積極的に学生も対象とする。


<このイベントの性格と参加者へのお願い>
BRIDGE 2010は、いくつかのコミュニティや有志の協力を得て手作り的に進められているイベントです。

そして、つながることでポジティブな化学反応を起こす可能性がある方々が参加する度合いが、一般のイベントよりも高いと思われます。参加者同士、そしてコミュニティ間の交わりからの発展を期待しています。また、一般のイベントでは、各社の紹介でパネルの半分以上の時間を費やして本質的な議論が不足する例も多くみられます。

BRIDGE 2010では、ホームページにあるような情報は参加者みなさんがご存知のものとして、有効に時間を使っていきたいと考えています。

そして、(時間の制約でどこまで応えられるか分かりませんが、)期待や質問をお寄せください。事前に登壇者に伝えます。

とはいえ、手作り的なイベントの限界もあります。運営上、行き届かない点もあるかと思いますが、できるだけご協力をいただければ幸いです。申し込み後にキャンセルされるときは、その旨をご連絡下さい。もちろん努力いたしますが、みなさんも文字通り参加する・いっしょにつくる気持ちでいらしていただければ幸いです。

カレンダー

2011年10 月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリークラウド